トランスジェンダーGID/FTM・MTFは、少数で頻度も低いけれど、彼らのホルモン治療は、医学の領域ではふつうのこととなってきた。ホルモン治療の情報は広まり、継続的な治療の情報とFTMのアンドロゲン治療の副作用などの情報が共有されつつある。

FTM治療の最近の知見:

FTMのアンドロゲン治療は、特殊なことではなく、FTMにとってはふつうのことである。ホルモン治療のゴールは、女性の特徴を取り除くことと男性への導入である。

男性化の完成までには、約2年かかる。ホルモン治療、たいてい乳腺摘出(胸オペ)と卵巣・子宮摘出と後に続く。陰茎形成も考えるかもしれない。

手術後の性ホルモンの低下による、骨量の減少などの後遺症も関心事かもしれない。それに反して、初期に予期されることも関心事であろう。ホルモン治療の初期には、心血管系の病気の発生頻度は高くない。

ホルモンに関係したがんは、稀である。しかし、膣、子宮、残存した組織からの腫瘍が発生することもあると報告されている。乳がんは、大きな関心事で、乳腺摘出後でも残存した組織に認められることもある。アンドロゲンは、これらのがんにならないという安全性を担保するわけではない。

性別変更したことに後悔する報告はあまりない。

コメント
この文献は、オランダ発なので、トランスジェンダーGIDに関しての治療が一般的?になりつつあるのでしょう。日本では、普通の治療では少なくともありませんよね…。海外では、大学病院がGIDの治療を行っているところも多いようです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村

今回の海外医学文献は…
Management of female-to-male transgender persons: medical and surgical management, life expectancy.
Curr Opin Endocrinol Diabetes Obes.2014 Jun;21(3):233-8.