ネビドを使うFTMが多くなっている理由

男性ホルモン治療は、手術ではありませんが、性転換へのスタートラインに立つ治療の1つです。

男性化にはほぼ必須である男性ホルモンですが、短期型と長期型あります。

短期型:エナルモン、テストロンデポー、テスチノンデポー

長期型:ネビド

当院でも、約100人以上の方がネビドを注射しています。短期型から移行した方は、注射する間隔が短くなり楽だいう方が多いようです。痛いけど。

ネビドの副作用に関しても、ほぼ短期型と同じで、むしろ短期型に見られる男性ホルモン血中濃度の落差がないので、イライラすることもなく、いろいろな面で安定しています。

さて、今までには、FTMに使うネビドの効果は、約1年くらいの経過観察したレポートしかなかったのですが、今回は、3年をネビド使ったことによる生理変化などをレポートしたものをお届けします。

⇓ここから
性ステロイドの血液濃度の基準値のデータや内分泌機能検査における反応は、同じ性として考えるなら違いはない。

男性ホルモンは、FTMの治療の1つで、通常最初の治療であることが多い。そして、飲み薬ではない男性ホルモンが使われることが一般的である。

内分泌のデータの結果、心血管系のリスク要因などが今までにいろいろ報告されている。
生殖器に及ぼす影響以外では、男性ホルモンによる治療の生理的変化は、むしろ低男性ホルモンの男性が受ける治療と似ている。

ネビドは筋肉注射用で、2004年より低男性ホルモンの性腺機能不全に使用できるようになった。

FTMの男性化の維持には、続けて男性ホルモン治療を続けなければならない。それは、性別適合手術(SRS)の前後ともに必要であろう。

性別適合手術(SRS)は、卵巣を摘出してしまうため、ホルモン治療をしないと骨粗鬆症のような性ホルモン不足による病気を生じさせてしまう。

FTMの男性ホルモン治療において、ネビドの使用についてのいくつかの報告がある。FTMの男性化の目的で使うことができるか、または安全性に関しての報告であった。これらの研究は、1年と限られた経過しかされていない。

今回の研究報告は、3年間ネビドを使用した結果、そのメリット、副作用についていくつか報告するものである。

続く

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

☞今回海外医学論文は・・・
Safety aspects of 36 months of administration of long-acting intramuscular testosterone undecanoate for treatment of female-to-male transgender individuals