性別違和を持つひとは、大きく分けてMTFとFTMに分けられます。
性別違和は、自分の身体が別人のように感じるために、ホルモン治療や手術をして、本来の性に変化するように望みます。

乳房は、女性を象徴する場所の1つで、日常生活で目に見える場所でもあるので苦痛を感じることが多い。そのため、胸オペ(乳腺摘出、乳房切除)は、たいてい最初に希望する手術です。

乳房のふくらみを隠すためにナベシャツを着るひとが多い。

この研究の目的は、FTMにおける胸オペの長期経過での評価をすることです。乳房の大きさ、手術方法なの観点から評価し、医師と当事者との意見についても比較検討しています。

方法:
98人のFTMの胸オペ(乳腺摘出、乳房切除)について評価した。
長期経過での胸オペは、医師の臨床経験などと当事者、医師の質問票によって評価した。

胸オペ手術方法は、4種類。
1 Webster法
FTMの乳房U字切開
※乳輪下半周を切開する方法
胸オペで、手術前に胸の下垂がない人、たるみが出にくい人に行う方法です。
手術症例 手術前
胸オペ(乳房摘出)前
手術後
胸オペFTM手術後

2 Maillard 法

3 Mc Kissock法

4 Conway法

結果:
主要な胸オペ方法である、Webster手術方法(U字切開法)によるもので、60%以上の人がGoodよい結果としています。
キズが大きくなるほど、不満足感が強くなる傾向にあった。
結論:
長期経過を見た胸オペ後の評価は、医師と当事者はほとんど似ているものであった。

いつも読んでいただきありがとうございます。
少しは役に立ったな~と思ったときは、ポッチとお願いいたします。

にほんブログ村

☞今回の胸オペの英医学文献
Long-term resuls of breast reduction in FTM transsexuals
Przegad Chirurgiczny 2012 84,3,144-151

関連記事
FTMの胸オペの手術適応とテクニック