FTM治療における胸オペの手術方法による満足度

背景:胸オペ(乳腺摘出)は、FTMにおいて重要な手術の1つです。また、自己イメージを強くさせ、新しい性としての役割も担います。

方法:57名のFTMで同一の病院で2003年から2015年にかけて胸オペされたものを対象。
胸の外観を評価し、乳輪の周りを切る方法、真横に大きいキズのテクニックが使われた。
結果:GIDの診断に加え、約40%の患者に他の精神疾患も診断されていた。
乳輪の周りを切る方法は、50.9%、横切りは、49.1%であった。
胸オペ(乳腺摘出)

胸オペ(乳房切除)

横切りのうち、21.4%が乳輪の移動は伴わず、78.6%が乳輪の移動をさせた。
乳輪からの手術は、胸がより小さく、BMIも低かった。
1/3の患者で合併症をともなった。血腫、感染、漿液腫(水が溜まること)、穿孔、乳輪の壊死などの合併症を生じた。
再手術は、8.8%。血腫はほとんどの再手術では生じた。
14%の患者に修正を必要とした。輪郭について28%、乳輪について15.8%、乳首に関して5.3%。
二次的な修正は、乳輪の周りで行ったひとによりしばしば必要とされた。乳輪から55.2%、横切り25%。
※胸オペは、乳腺摘出または乳房切除の俗名です。

いつも読んでいただきありがとうございます。
少しは役に立ったな~と思ったときは、ポッチとお願いいたします。

にほんブログ村

☞今回の海外医学論文
Chest-wall contouring surgery in female-to-male transgender patients: A one-center retrospective analysis of applied surgical techniques and results.  Scand J Surg. 2016 Apr 22
関連記事
☞胸オペの長期成績